ケアプロスト

ケアプロストを激安で通販購入してフサフサまつ毛を手に入れたい

まつ毛フサフサイメージ
ケアプロスト

ケアプロストを激安・最安値で通販購入

まつ毛育毛剤のケアプロストを使っている人は増えてきましたね。やはり自前のまつ毛がフサフサになるのは嬉しいです。マツエクよりもコストも時間も削減できます。できれば、まつ毛育毛剤のケアプロストも激安・最安値で通販購入したいですよね。継続的に使う必要があるので、なるべくコストを抑えたいところです。

おすすめのケアプロストが購入出来るサイトは、オランダ屋です。色々なサイトを見た中で、こちらが一番安く購入できますし、19年続いているお薬やサプリメントの個人輸入代行のネット通販サイトなので安心できます。急にサイトがなくなってしまう心配もないですからね。できればamazonや楽天で買えると良かったのですが、医薬品なのでamazonや楽天では販売されていません。医薬品は、専門に扱っているサイトでしか購入しましょう。

そもそもケアプロストって何?

まつ毛フサフサイメージ

顔にはさまざまなパーツがありますが、その中でも目というのは特に重要なものです。メイクをするときなどは、アイメイクが決まらないと全体が締まらないという方も多いのではないでしょうか?その目の額縁とも言えるのがまつ毛です。エクステやマスカラなどでまつ毛のボリュームアップに力を入れている方も多いでしょうが、できることなら自前のまつ毛で勝負したいというのが本音でしょう。実際に、自前のまつ毛で十分であれば手間も省くことができます。そこで役立ってくれるのがまつ毛育毛剤である「ケアプロスト」です。しかも、医薬品になりますので効果も期待できるのです。

ルミガンはケアプロストの先発商品

まつ毛のための育毛剤としては、ルミガンというものもよく知られています。「ルミガン」という名前自体は、どこかで見聞きしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。実は、ケアプロストはこのルミガンのジェネリック医薬品になります。ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも言われるもので先発医薬品である新薬の特許が切れた後に販売されるものです。形状や味、添加物などは違っていても成分は同じなので、ジェネリック医薬品でもほぼ同じ効果が期待できるというわけです。「ジェネリック医薬品=安い」というイメージを持っている方も多いでしょうが、まさに安く入手することができます。

違いがあるといえば、生産国でしょう。ルミガンはアメリカのアラガン社製で、ケアプロストはインドのサンファーマ社製です。なんとなくアメリカ製品の方が良さそうなイメージを受けるかもしれませんが、どちらも信頼あるメーカーなので心配いりません。あとは好みになります。アメリカ製品のルミガンか、それよりも半額近い値段で購入出来るインド製品のケアプロストか。

ルミガンはオランダ屋の姉妹サイトオオサカ堂で購入できます。

ルミガンソルーション0.03%

ラティースは米国医薬品局に認可された唯一のまつ毛育毛剤です

実は、ルミガンの他にもラティースという有名なまつ毛育毛剤があります。ケアプロストはまつ毛専用の育毛剤ラティースのジェネリック医薬品でもあります。このラティースというのはルミガンと並ぶほど有名なもので、世界で初めてまつ毛の育毛剤として米国医薬品局、通称「FDA」に認可されています。FDAに認可されるためには、さまざまな研究や臨床実験などでその安全性を確立し、効果における結果を出さなければいけません。その厳しい審査に合格しているラティースのジェネリック医薬品なのですから、ケアプロストの安全性や効果の面でも安心できるというわけです。

ちなみにラティースは、ケアプロストやルミガンと比べると高額になります。ケアプロストの3mlが1,300円程度としたら、ラティースの3mlは12,000円程度します。10倍近いお値段ですね。

ラティースはオランダ屋の姉妹サイトオオサカ堂で購入できます。(品薄が続いているようです)

ラティース/ラティッセ0.03%

ケアプロストの有効成分「ビマトプロスト」について

ケアプロストの主成分である「ビマトプロスト」という成分は、緑内障の治療に使われていました。緑内障の原因は眼圧にあることが多いのですが、その眼圧を下げるために使われていたのがビマトプロストなのです。ビマトプロストは、眼圧の高低に関係している受容体に働きかけて、眼圧を一定に保ってくれる作用があります。点眼薬という形で、緑内障の治療に一役買っていたのです。しかしながら、緑内障の治療でビマトプロストを使っていた方の中から、副作用が報告されるようになりました。その副作用というのがまさにまつ毛の成長や増加といったものだったのです。これがまつ毛の育毛剤に使えるのではないかということで、まつ毛専用の育毛剤として製品化されたのです。言ってしまえば、副作用をきっかけにまつ毛の育毛剤として使われるようになったのですが、きっかけが副作用ということで不安になる方もいるかと思います。ただ、副作用がきっかけで製品化されているものは少なくありません。一般的な育毛剤の中にも、副作用をきっかけに製品化されているものはあるのです。

まつ毛フサフサイメージ

では、ビマトプロストがどのように働きかけてまつ毛のボリュームアップを実現させているのかについても触れておきましょう。ヘアサイクルという言葉を見聞きしたことのある方も多いでしょうが、ヘアサイクルというとおそらくほとんどの方が髪の毛を思い浮かべるでしょう。実は、ヘアサイクルというのは何も髪の毛だけに言えることではないのです。まつ毛にもヘアサイクルというものが存在します。ヘアサイクルというのは、ざっくり言ってしまうと成長期、退行期、休止期、脱毛期というものを繰り返しています。まつ毛が少ない、細い、抜けるといった方は、この中の成長期が極端に短くなっている可能性があります。ビマトプロストは、まさにこのヘアサイクルに働きかけて、まつ毛の成長期を長くしてくれるのです。成長期が長くなるということは、その間にまつ毛がたくさん生えてきますし、そのまつ毛もしっかりと成長していくのです。しっかりとしたまつ毛をより長くキープできるようになるので、まつ毛のボリュームアップが可能になるのです。

マツエクとケアプロストってどっちがいい?

マツエク

最近ではまつ毛のエクステ、通称「マツエク」も一般的になりました。マツエクも確かにひとつの方法ではありますが、取れる可能性があります。定期的に通う必要もありますし、そのための費用も結構かかってしまいます。ケアプロストであれば、自前のまつ毛をボリュームアップさせることができますので、マツエクいらずとも言えます。マツエクにおけるリスクや時間、費用といったものをカットすることができます。何よりも自前のまつ毛でマツエク並みのボリュームというのは、女性としてはやはり誇らしいものです。

ただ、効果も人それぞれなので、確実にまつ毛を増やしたいのであればマツエク、自前のまつ毛を育毛したい人はケアプロストを選ぶと良いでしょう。

ケアプロストの副作用について

ケアプロストの副作用としては、目のかゆみや充血、目の腫れや違和感、ドライアイの悪化、目の周りの黒ずみや色素沈着といったものが挙げられます。ただ、副作用といってもその発症率は4%ほどと言われていますので、決して高くはありません。神経質になりすぎる必要はありませんが、副作用としてこれらの症状を頭の中に入れておいて異変が起こったときにすぐ対処できるようにしておきましょう。これらの症状以外でもケアプロストを使い始めてから異変が起こるようであれば、ケアプロストを持って病院で診てもらいましょう。

ちなみに、ケアプロストについて調べている途中で、「失明リスク」というキーワードに引っかかった方もいるかもしれません。実際に目元に使うものですので、このキーワードを見たときに大きな不安を抱いた方もいるのではないでしょうか。ただ、この失明リスクに関しては、メディアの過剰報道によるものだと言われています。というのも、先でもお話ししましたようにもともとケアプロストの有効成分であるビマトプロストは緑内障の治療に使われていたものです。点眼薬として目に入れていたものなのですから、それで失明するというのはおかしな話です。もともと安全基準を満たしている薬のジェネリック医薬品なのですから、その安全性というのは高いと考えていいでしょう。そもそも本当に失明リスクがあるのであれば、これほど世に広まっていません。正しい使い方を実践していれば問題ありません。

簡単で効果的なケアプロストの使い方

では、いよいよケアプロストの使い方についてお話ししていきたいと思います。基本的にタイミングはいつでもいいのですが、寝る前に使うのが効果的です。用意するものは、ケアプロストとアプリケーター、ディッシュやコットンだけでOKです。アプリケーターというのはまつ毛ブラシのことで、ケアプロストには専用のアプリケーターがありますので、セットで購入しておくといいでしょう。綿棒などでもできなくはないのですが、やはり専用のアプリケーターがベストです。

  • ステップ1

    ケアプロストの使い方1

    まずは、メイクをきちんと落として目元は清潔な状態にしておきましょう。眼鏡をしている方やコンタクトレンズをしている方は、はずしててください。

  • ステップ2

    ケアプロストの使い方2

    アプリケーターにケアプロストを1滴だけ垂らします。衛生面も考慮しなければいけませんので、アプリケーターとケアプロストの容器の先端が触れないようにしましょう。

  • ステップ3

    ケアプロストの使い方3

    アプリケーターにつけたケアプロストを上まつ毛の根元に塗っていきます。アイラインを引くときのような感覚で、軽くささっと塗るようにしましょう。片方に塗り終わったら、もう片方に塗っていって完了です。

  • ステップ4

    ケアプロストの使い方4

    使い終わった後には、使用済みのアプリケーターは捨てるようにしましょう。アプリケーターは基本的に使い捨てで、毎日新しいものを使います。

ケアプロストを「1滴だけでいいの?」という方もいるでしょうが、むしろたくさんつけてしまうと先でお話しした黒ずみなどの副作用が出る可能性があるので、1滴で十分です。また、ケアプロストは下まつ毛にも塗る人がいますが、上まつ毛のみでOKです。上まつ毛に塗ったケアプロストは、まばたきによって下まつ毛にも自然と付着します。それで十分です。

ちなみに、ケアプロストが余計なところについてしまうのが不安で手がプルプルと震えてしまうという方は、ワセリンやクリームなどで肌を保護しておくと安心です。まつ毛の根元以外のところをワセリンやクリームで保護して、ケアプロストを塗り終わった後でワセリンやクリームごとふき取ってしまえば余計なところについたケアプロストも取り去ることができます。

オランダ屋のケアプロストの口コミをチェック!

  • まず結論から言うと、まつげかなり伸びますヽ(≧▽≦)ノふさふさーって感じに☆色素沈着、レビューなどで私も不安でしたが上手に塗るとまぶたにつく事はありません!->慎重に丁寧に♪まつげの生際にアイラインを引くかんじで1滴伸ばしていきます。片目1滴ずつで十分です!!あまり量をつけると目の中やまぶたにつく原因に->まぶたに万が一ついたとしてもすぐに拭き取れば問題ありませんよ☆ワセリンも良いと思います☆日頃の慣れもありますので少しずつ練習してみてください!わたし的に、まつげが伸びるのが目に見えてわかるので嬉しくオススメですヽ(≧▽≦)ノ
  • お値段が手頃なので続けやすくていいです。毎日欠かさず塗っていると本当にどんどん伸びてくる感じがします。お薦めします。
  • こちらを使い続けてもう1年ほどでしょうか、本当にまつげが伸びて、今もキープしています。 私は綿棒の綿をとった後の棒に一滴だけたらして両目に塗っています。(ついでに余った分は下まつ毛にも)最初のほうは毎日のように使っていましたが、今では三日に一度か、忘れた時には5日に一度程度でも今の長さを保てています。夫に使う前から確認してもらっていたのですが、本当に凄く伸びたとびっくりしています。毎日使っていた時にはたまに目が赤くなったりしましたが、不快感はありませんでした。すっぴんの時にまつ毛が長いだけで目の印象が変わるので手放せません。オランダ屋さんで買うと、日本で売られているのより全然安いのと、私はこの一本で十分長持ちしました。これからも使い続けてこの長さをキープしていきたいです。
  • 今回はアプリケーター付きで2回目の購入です。まつげ伸びます!やめると元に戻ります。本当は毎日がいいのですが、色素沈着が目立つので3日に1回の使用ですが、効果はあります。今までは綿棒でつけていましたが、筆状のアプリケーターは比べものにならないくらい使いやすく、メイクや直しにも使えて便利です。
  • 4ヶ月使った頃に効果が出るらしいので、頑張って使い続けます。下まつげの生え際につけたら、朝起きて赤いラインが引いてあるように少し被れてしまいました。上まつげのみに使っていきたいと思います。
  • 若い頃はビューラー不要のカールしたフサフサの睫毛が13mmありましたが、加齢と共に脱毛がひどくなり、下向き真っ直ぐのまばらな5mm睫毛になってしまいました。あの頃の睫毛に戻らないかと期待してケアプロストを使って1ヶ月になります。今のところ見る見る伸びるというほどではありませんが1〜2mmほど長くなった感じがします。明らかな変化は1日に約5本は脱毛していたのがそれほど抜けなくなり本数が戻ってきたという事です。敏感肌なので眼や瞼に痒みが出て、うっかり手でこすってしまうと充血してしまいますが、酷い時には使用を休み落ち着いてから使用を続ける様にすればなんとかなります。心配していた色素沈着はありませんでした。睫毛の生え変わりのスピードは約2ヶ月で成長期の毛は1日に0.18mm伸びるそうです。毛周期との兼ね合わせもあるのであと2〜3ヶ月続けるとまた違った結果が出てくるのではないかと思います。
  • しばらく使うと目の周りの黒ずみが気になりだしました。まつげへの効果はあるのですが、私の肌には合わないようです。
  • まつ毛エクステでショボショボになったまつ毛が、1センチ弱に伸びました!ビューラーをして、マスカラをすれば、まつ毛エクステしたようです。毛量も増え、まつ毛一本一本にはりがでます。就寝前に細いブラシで、上まつ毛の根元にスッとぬります。1か月くらいで効果がわかりました。でも、目の周り、赤黒くなります。周辺の産毛も濃くなりました。アイクリームでカバーすると少し、黒ずみが和らぐような気がします。とにかく、まつ毛を伸ばしたい方にオススメです。

良い口コミと悪い口コミをピックアップしましたが、合わなかった人はかなり少なかったです。きちんと容量を守っていれば色素沈着もほとんど見られないようです。

ケアプロストを使う上でのまとめ

ケアプロストを使う上では、いくつかの気をつけておきたいことがあります。基本的なところでは、1日1滴を守ること、メイクを綺麗に落とすこと、綺麗な手でケアプロストを塗ること、下まつ毛に使わないこと、塗った後で目をこすらないこと、ケアプロストを冷暗所に保管しておくことといったものが挙げられます。もし、ケアプロストを塗った後でメイクをするようなことがあれば、ケアプロストが完全に乾いてからにしましょう。

また、ケアプロストというのは、使っている間だけその効果を実感することができます。ケアプロストを途中でやめてしまうと、元に戻ってしまう可能性もあります。まつ毛のボリュームアップをキープしたいのであれば、毎日継続して使うようにしましょう。

あとは、その効果の実感についてです。さすがのケアプロストも1日塗っただけで翌日にまつ毛がボリュームアップしているといった即効性はありません。基本的に即効性はあまり期待できません。だからこそ、数ヶ月がかかるものと思って、毎日続けることが大切なのです。即効性を求めて途中止めしてしまうのが一番もったいないので、その点は注意しておきましょう。

  • 1日1滴を使用
  • 塗る前は洗顔をしっかりして清潔にする
  • 上まつ毛のみ塗る
  • 塗った後に目をこすらない
  • ケアプロストは冷暗所に保管
  • 効果を出すため、継続して使用する